名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.07.07

【ダイエット】何もしていないのに太ってしまう理由3選

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

皆さんもこんな経験はありますか?

何もしていないのに体重が増えている。

何もしていないのに体脂肪が増えている。

など1度は経験された事もあるかもしれません。

今回は何もしていないのに太ってしまう理由3つをご紹介いたします!

合わせて読みたい

【ダイエット】全く意味のないダイエット3選!

この記事を読んで頂き正しい生活を心がけましょう!

こんな人にオススメです

・ 生活を見直したい!
・ 日ごろの生活が不安!
・ ストレスが溜まる!



不規則な生活をしている

不規則と言うのは食事に限ったことではありません。

起きる時間や寝る時間がバラバラの方も非常に太りやすいです。

またその結果起きるのが遅くて朝ごはんを食べない代わりに、夜ドカンと食べてしまう方も非常に脂肪がつきやすいです。

自律神経

これを説明するためには自律神経と言う言葉をぜひ覚えてください。

自律神経と言うのは常に体の色々な機能を調整してくれる働きがあり、この自律神経を大きく分けると2つあります。

1つ目は体を元気にしてくれる交感神経。

もう一つは体をリラックスしてくれる副交感神経と言う2つに分かれています。

元気にしてくれる交感神経と体をリラックスする副交感神経、これが常に交互に出てくることで体のバランスをとっています。

ですが不規則な生活を送っている方は自律神経が乱れて寝る前に目が冴えてしまう、交感神経優位になっていて寝れない。

日中は逆に副交感神経が優位なまま眠く なったりなんてこともあります。

この自律神経が乱れてしまうと代謝が非常に下がってしまいます。

代謝が下がってしまいますとダイエットをする面でも脂肪が燃えにくくなりますので、不規則な生活を送っている方は少しずつ健康的な生活に戻してみましょう。

合わせて読みたい

【筋トレ】ダイエットしているのになかなか痩せない!? その原因は「モナリザ症候群」!?

姿勢が悪い

なぜ姿勢が悪いと脂肪がつきやすくなるのか。

姿勢が悪いと言う事は猫背になると言う事でもありますが、猫背になるとお腹の部分が圧迫されストレスがかかります。

このお腹の中にある臓器、胃や腸が1番最初にストレスを受けると言われています。

ハードにトレーニングを行ってタンパク質や栄養のあるものを摂取したとしても胃や腸が疲労(ストレス) 受けていることによって吸収しにくい状態になっています。

吸収しにくいと言う事はエネルギーになりにくいと言う事でもあり、体のエネルギーと言うのは全身の血液を巡らせていきます。姿勢が悪いと血液も滞りやすくなってしまいますので全身にエネルギーが行きづらくこれも代謝が下がってしまう原因になります。

改善方法

この改善方法は非常に簡単です!

胸を張る!

これだけでだいぶ姿勢は変わってきますのでぜひ行ってみてください。

姿勢を良くするためには日ごろからの意識が大切になってきますので毎日意識して生活してみてください。

合わせて読みたい

【筋トレ】筋肉がつくとたくさんメリットがある!

行動しない方!

これはただ単に痩せたいと思うだけで全く行動しない方ですね。

これは少しメンタル的なものになりますが痩せたいと思ってトレーニングを始めたり良い食生活を心がけたりと積極的に行動を行っている方はもちろん痩せる可能性が非常に高くなりますが、痩せたいと思っているのに何もしないと言う事は非常に太りやすくなってしまうと言うことを覚えてください。

ある研究では

A肥満の方で痩せたいと思っている方B痩せなくても良いと思っている方の普段の生活を観察をした結果、痩せたいと思っている方の方がその後体重が増えてしまったと言うような研究結果があります。

これは何故かといいますとAは痩せたいと無意識の中で思っている事はダイエットをしたいわけじゃないのですが無意識に目の前の食事が憎たらしく見える。

そうすることで食事の量を少しずつ無意識の中で抑えていきます。

ですが自分自身は別に我慢したいわけじゃないのでこの反動で一気にドカ食いをしてしまう。

この時にすごく脂肪が増えやすいと言うふうに言われています。

食事と言うのは我慢して我慢して我慢して食べた方が脂肪になりやすくなってしまいますので、Bの「私は別に痩せなくても良いと思っている方」の方が常にコンスタントの食事の量をとっていると言うことで太りづらいと言うことがいえます。

そしてもう一つはやはりストレスですね!

ストレス

痩せたいと思うけど痩せる行動自体はしたくはないダイエットはしたくはない食事の我慢もしたくはないと思っているのですが、自分の体に常にコンプレックスを抱えているとストレスをいっぱい食べてしまいます。

解決策

あなた自身が痩せたいと思った場合、今からすぐに決心して「運動」「食事」「正しい生活」を改善される事が最も大切です。

まとめ

不規則な生活をして自律神経を乱さない!

姿勢を悪くして臓器に負担をかけない!

思うだけで行動しない!

皆さんもぜひ当てはまるものがあれば今回の記事をご参考にしていただき改善していただければなと思います。

今回もご覧いただきぜひご参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事