名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.06.28

【筋肉】 筋肉を分解したくない方必見!気をつけるポイント!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

 皆さんがトレーニングをする理由と言うのはおそらく1番に筋肉をつけたいからだと思います。

ですがある行動によって筋肉が分解されやすくなる事はご存知でしょうか?

今回は筋肉が分解されないように気をつけるポイントを解説いたします。

合わせて読みたい

【筋トレ】ベンチプレスを上手くあげるための科学的な意識ポイント!

この記事を読んで頂きさらなる筋肉の成長を目指しましょう!

こんな人にオススメです

・ 効率よく筋肉を鍛えたい!
・  しっかりバックアップしたい!
・ バックアップして友達に自慢したい!



減量中のトレーニング

まず筋肉が一番落ちてしまう時というのは皆さんも経験された事はあると思いますが減量中が1番多いです。

特にボディビルダーやフィジークに出ている人はコンテスト前に体を絞るのですが、脂肪と共に一緒に筋肉も落ちてしまう人が多いと思います。

体脂肪を完全に削ろうとして食事量を減らして同時にトレーニングもハードにやってしまう。

気持ちとしては私自身も体験に出ていますのでわかります。

コンテストが近づいてきてしっかりと絞らないといけないのでトレーニングをハードにするのはわかりますが、ダイエットをして摂取カロリーが減っているのにトレーニングをハードにする、これが1番筋肉を落としやすいです。

初心者の場合ですとトレーニング初期というは筋肉を増やしやすいので、ダイエットをしながら筋肉を増やす事は正しいやり方でやれば不可能ではありませんが、トレーニング歴が長い方の場合ですと体脂肪減らしながら筋肉を増やす事は非常に難しいことです。

ですので減量しながら筋肉をつけると言う考えではなくて減量中の場合はタンパク質をしっかり摂取して筋肉を残すと言う方法考え方のほうがよろしいかと思います。

トレーニング不足でも焦らない

例えばあなたが風邪や怪我、お仕事などでトレーニングが全然できなかったとします。

ですがトレーニングが全然できなくても焦る必要はありません。

研究によりますとトレーニングを完全に休んだとしても2週間ぐらいは筋力が落ちないと言う報告があります。

もちろんご自身の感覚で少し腕が細くなったなどと言う感覚はあると思いますが筋量はほとんど変わりません。

ですがミトコンドリアと言う物質は1週間位で減ってしまいますので、有酸素的な能力(心肺機能)は1週間ほどで落ちてしまいます。

休む勇気

体調が悪い時や風邪気味な時に無理にトレーニングをしてしまいますと、アドレナリンやコルチゾールが出て血糖値を上げて風邪などのストレスに対抗しようとします。

つまりストレスをすでに受けている状態でさらにトレーニングを行いますと、余計にストレスを感じ筋肉の分解が早まってしまいます。

ですので体調が悪い風邪をひいているお仕事なのでトレーニングができなくても筋肉は落ちませんし、むしろ体を休める良い機会だと思って休んだ方が無理なストレスがなく筋肉の分解も抑えられます。

中にはトレーニングをやった方がむしろ風邪が治ると言う方もまれにいらっしゃいますのでご自身の感覚で行ってみて下さい。

合わせて読みたい

トレーニングと睡眠の関係「早く回復させたければ○○になれ!」

プロテインを活用

筋肉の材料であるタンパク質と言うのは、筋肉の分解を抑えるために最も必要な栄養素になる事はご存知だと思います。

出張やあまり自炊ができない家旅行中など食事が取れない時があると思います。

このようなときにはタンパク質だけでも摂取しましょう。

私自身も国内旅行や海外旅行に行く時もジップロックにプロテインを入れて日数分もっていきます。

プロテインを飲めれば筋肉の分解も抑えれますし、なくなった分お土産も買うことができますので一石二鳥ですね。

食事で十分にタンパク質が取れそうな場合はプロテインを飲む必要もありませんが、心配な方はアミノ酸の摂取を心がけましょう。

合わせて読みたい

筋トレしていない人でもタンパク質、アミノ酸は必要???

ストレスを避ける

できるだけ日常生活のストレスを避けると言う事ですね。

ストレスを避けるといってもなかなかうまくいかない方が多いと思います。

このような形は考え方を変えてポジティブな考え方をしてみましょう。

トレーニングをするとメンタル的にも強くなり考え方もポジティブな方が非常に多いです。

ですのでお仕事などのストレスがあった場合こんなストレスには負けない! ストレスを乗り越えてもっと強くなってやる! と言う強い気持ちを持ってストレスを乗り越えてみましょう!

まとめ

減量中でのトレーニングは食事量は減らさない!

トレーニングができなくても焦らない!

プロテインを活用する!

ストレスを避ける!ストレスに強くなる!

今回もご覧いただきぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事