名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.06.10

【筋トレ】カフェインと筋肉!筋トレの関係!メリット5選!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

カフェインは皆さんもご存知の通り身体的効果や精神的効果がありやる気が上がったりすることができる物質でもありますが、 カフェインにはトレーニング以外にも様々な健康面でのメリットがあります。

トレーニング前などにアミノ酸や何かサプリメントなどを飲む機会はあると思いますが、今回はカフェインと言うテーマでご紹介いたします。

合わせて読みたい

コーヒーなどのカフェインと筋トレの関係!

この記事を読んで頂きカフェインを摂取してトレーニング効果を倍増させましょう!

こんな人にオススメです

・筋肉がもっと欲しい!
・筋トレ効果をさらにUPさせたい!
・筋肉をつけてみんなに自慢したい!



上半身の筋力が向上

運動の1時間前に体重× 5ミリグラムのカフェインを摂取を行ったところベンチプレスの1歩目(Max)がアップすることがわかりました。それに対して下半身の強さには効果がないと言うことがわかりました。

そのためカフェインは上半身のパワーを高めるために効果的なサプリメントの1つである可能性があると示唆されました。

また血中カフェイン濃度を最大限に高めるためにはトレーニングの1時間前に摂取すると最もカフェインの効果が現れます。

上半身の日には特にカフェインの摂取を意識してトレーニングを行ってみましょう!

体脂肪減少促進

2010年スイスで行われた研究によりますとカフェインや交感神経系を刺激する働きがあるため短時間の間に脂肪燃焼最大13%増加させる可能性がある。

ですがアメリカで行われた研究によりますとカフェインの摂取を長期的に摂取した場合この現象効果は薄れてくるということがわかりました。

ですので短期的なカフェインの摂取の場合は体脂肪減少効果の可能性もありますが長期的な摂取になると体が慣れてしまうということになりますね。

ですのでトレーニング前などエネルギーを使う直前にカフェインを摂取することが1番効果的です。

テストステロン値が上昇

2008年ニュージーランドの研究によりますと運動前に250ミリグラムカフェインを摂取したアスリートは、テストステロン値の増加が認められ→そのためカフェインの摂取によってテストステロン濃度が増加しタンパク同化作用かいして筋肥大や筋力向上などをもたらす可能性があることがわかりました!

合わせて読みたい

【筋トレ】筋肥大に大切なテストステロンを上げる方法5選!

幸福度を高める

2006年アメリカのシカゴ大学で行われた研究によりますとコーヒー1杯程度のカフェインの摂取により前向きな気分、 ポジティブになり幸せ度が高まる可能性があると言われました。

この研究以外にもアメリカのハーバード大学での研究では、1日あたり2〜3杯分の コーヒーを飲むことにより自殺のリスクが45%低くなるということがわかりました!

また他の研究ではカフェインを飲んでいる方のうつ病のリスクが13%低いと言うこともわかりました。

ですので現時点よりも幸せになりたい方や気分が落ち込んでいる方は1日に2〜3杯のコーヒーを飲むことをオススメいたします!

体の痛みを軽減する

アメリカのオックスフォード大学7200人以上で検査した結果ですとカロナール(鎮痛薬) +カフェインの摂取をしたところ痛みが最大50%を軽減することがわかりました。

なぜ痛みが最大50%も軽減するかと言うと、カフェインは体内の自然な鎮痛剤として作用するドーパミンとβエンドルフィンの放出を促すからだと研究者たちは結論づけています。

カフェイン摂取量

運動パフォーマンスが向上するためのカフェイン摂取量は体重× 6ミリグラムの容量でトレーニング1時間前に摂取すると、ハードにトレーニングしている人のトレーニングパフォーマンスを向上させると報告されています。

ちなみにこのカフェイン摂取量はコーヒーに換算しますと6〜8杯分に相当します。

ちなみにまた別の研究で体重× 9ミリグラムの高容量でカフェイン摂取した場合、先程の6ミリグラム摂取よりも運動パフォーマンスが向上しましたが、この研究の参加者の7割が「 大量の発汗」「 体の震え」「 めまい」「 嘔吐」 などのデメリットもありましたので、大量のカフェイン摂取はのメリットは低いと言う結果が出ました。

まとめ

上半身の筋力向上!

短期的摂取による体脂肪減少!

テストステロン値が上昇!

幸福度を高める!

体の痛みを軽減する

コーヒーの摂取は1日最高8杯までが目安!

皆さん是非トレーニング効果を高めるためにカフェインの摂取を取り入れてみてはいかがですか?

今回もご覧いただきぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事