名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.06.06

【筋トレ】筋肉をつきやすくする方法!ミオスタチンを抑制!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

トレーニングを始めたからには皆さん筋肉がつくためにいろんなことを意識されていると思います!

筋肉をつきやすくするためにはミオスタチンを抑制すると筋肉がつきやすくなると言われておりますが、今回はミオスタチンを抑制する方法4選をご紹介いたします!

合わせて読みたい

睡眠と筋トレの関係は!?

この記事を読んで頂きみんなが憧れる筋肉を手に入れよう!

こんな人にオススメです

・ 筋肉を友達よりもつけたい!
・ 夏までに少しでも筋肉を大きくしたい!
・ 筋肉をつけて自慢したい!



ミオスタチンとは

今日は筋肉の成長を阻害すると言われているミオスタチン。

これを抑制して筋肉をより大きくする方法を紹介します。

ミオスタチンは人間に無駄な筋肉がつきすぎないように成長を抑える働きをしています。

実は同様に筋肉の成長を抑えている遺伝子が多数ありミオスタチンそのうちの1つです。

これらの存在意義は筋肉が成長する細胞分裂の過程でがん細胞が生まれるリスクや、生きるために必要な食物量を減らすためだと考えられています。

ミオスタチン関連肥大

ミオスタチン関連肥大とは遺伝子変異により筋肉が極端に肥大する事を言い、 これは人間にも起こりその筋肉量は通常の1.5倍から2倍にもなると言われております。

このミオスタチンは人が生まれる前から筋肉量をコントロールしており、生まれた後には少し働きが弱まるようです。

人間が生まれてからはミオスタチンの働きが弱まって体が大きくなり赤ちゃんがぐっと成長するわけですが、年齢を重ねるとミオスタチンの働きが強まってきて体が無限に大きくなることを防止します。

そして高齢者になる頃にはその働きがまた強まり筋肉を減少させる方向に作用するわけです。

筋トレをする方にはミオスタチンの働きを抑制すれば筋肉が増えやすくなるわけですので、どの様にすればミオスタチンの働きを抑制できるのかここからは紹介していきます。

クレアチンを摂取

1つ目はクレアチンを摂取することです。

実際の研究では27名の男性を、「トレーニング+プラセボ群」「トレーニング+クレアチン群」に割り振って観察したところ、クレアチンを摂取した群はトレーニング後のミオスタチンの減少が大きくなっていたとのことです。

これはクレアチンが直接ミオスタチンを減らすのかそれともクレアチンが筋肉量を増やすため結果的に減っているのかは不明なんですが、いずれにせよミオスタチン減少の効果はあるようです。

ビタミンDを摂取

2つ目はビタミンDを摂取するのもミオスタチン抑制に役立ちます。

さらに実はビタミンDには速筋繊維の数を増加させる効果もあります。

ビタミンDが欠乏すると速筋繊維が萎縮することも確認されています。

健康な若年者と高齢者20名ずつ「ビタミンD1980IUとカルシウム800ミリグラム」を摂取する群と「カルシウム800ミリグラムのみ」に振り分けて比較した大腿四頭筋のトレーニング実験を行いました。

結果的には若年者においてビタミンDによってミオスタチンが減少しており、実は先行研究でもビタミンDの効果は若年者に顕著であることが示されています。

これは若年者の方が体内のビタミンD濃度が低いためだと考えられており、若い人にとってより有益なのかもしれません。

ただこの実験ではミオスタチンの量には有効な効果が見られましたが筋肥大別の増加が確認できていません。

もっと多量のビタミンDを摂取していれば筋肥大にも効果があったのかは不明ですが、一般的な海外のビタミンDサプリには5000IUほどの量が含まれていますのでそれらであれば1日1錠食後に飲めば良いでしょう。

筋トレをする方が大好きな日焼けをすることもビタミンDを摂取することができます!

日焼けが嫌いな女性はサプリメントなどでビタミンDを摂取することをおすすめします!

オススメ:ビタミンDサプリメント

[海外直送品] ナウフーズ  ビタミンD

ブロッコリーを食べる

ブロッコリーに含まれているスルフォラファンと言う成分によって、ミオスタチンを抑制できる可能性があります。

芽キャベツなどにも多く含まれておりまして、これらを調理する際注意しないとスルフォラファンは壊れる!と言われています。

ちなみにスルフォラファンがが保護されやすい調理方法はオススメ人に「蒸す」→「レンジ」→「茹で」ですので面倒ではありますが蒸すと言う調理方法も良いと思いますね。

私自身はいつも「茹で」で行っていますがお湯を少なくして、その茹で汁も飲むようにしています。

テストステロン値を上げる

そしてテストステロン値を上げることも有効です。

マウスでの実験ですがテストステロンを投与された個体はミオスタチンが抑制されています。

テストステロン生成に有効なのは1日に脂質を50グラム以上取ることや魚介類を取ることなどです。

特に魚介類は先程のビタミンDも含有されている場合が多いので一石二鳥ですね。

亜鉛の摂取も大変有効でしょう!

合わせて読みたい

【筋トレ】筋肥大に大切なテストステロンを上げる方法5選!

おわりに

トレーニングをやるからには皆さんやはり筋肉をしっかりと成長させたいですよね。

日ごろの生活や食事でミオスタチンの分泌を抑えたりする努力はいいと思いますが、お薬に頼ることは自己責任でやりましょう!

今回もご覧いただきご参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事