名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.04.29

広背筋の下部に効かせるフォーム!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

広背筋のトレーニングトレーニング種目の中でも難しい種目の1つでもあります。

そして広背筋といいますと広く付着している動作的に意識すること自体が難しい種目です。

その中でも下の部分を狙ってトレーニングを行うと言う事はさらに難しく感じると思います。

トレーニングとはその動作によって使われる割合の筋肉が変わってくるので、どのようにすれば広背筋の下部に意識をできるのでしょうか。

今回の内容はトレーニング初心者には少し難しい内容かもしれません。

背中を意識できるようになった中級者上級者の方 向けの内容にも内容になっていますが、初心者の場合もいずれトレーニング上手くなりますので知っておきたい内容の1つでもありますよね。

ご覧いただきぜひご参考にしてみてください。

合わせて読みたい

ガリガリな腕を最短で太くする方法

この記事を読んで頂き効かせる筋肉を意識的にコントロールしましょう!

こんな人にオススメです

・ 背中の発達がなかなか感じられない
・ バリエーションが知りたい
・ 背中をきれいにしたい



広背筋とは

付着部

広背筋とは一般的に言われる背筋のことですがこの筋肉は実は大きい筋肉で、付着している部分は肩の前部分あたりからお尻のあたりまでです。

働き

広背筋の機能は様々ありますがもっとトレーニングで行われる動作は 上からものを引っ張る動きですね。

懸垂やラットプルダウンがそのトレーニング種目になりますが、体の傾きをいろいろ変えたり手首を内側にしたり外側にしたりによって効いてくる部分の割合が変わってきます。

合わせて読みたい

広背筋を上手に効かせるやり方

下部への刺激はパラレルグリップ

基本的な懸垂やラットプルダウンの場合ですと手の甲が自分のほうに向く順手でおこないますが、広背筋下部へは  手のひらが自分の方へ向くグリップ(パラレルグリップ)で握ります。

そして懸垂やラットプルダウンの場合ですと大体、鼻や顎のあたりまでしかバーを下ろさないのですが 後輩金の機能を最大限に生かし(内転) 広背筋下部へ刺激を入れるにはさらに下まで引かないといけません。

ここで登場するのが画像のようなアタッチメントですね!

アタッチメントを活用しよう!

パラレルクリップの場合ですと形のように少しくぼみがありますので胸付近、場合によってはそれ以上引くこともできますよね!

引くポイントですが普通のラットプルダウンの場合ですと大体前に引きますが、肘が真横か少し後ろのほうにまで引くことが重要です。

近年24時間ジムが 増えてきていることもあり背中の種目でもまだグリップなどの様々な持ち手のアタッチメントが増えてきていますよね。

これらを活用することによって日頃なかなか鍛えることができない広背筋下部、そして狙ったところへの刺激を入れることが可能になっています。

合わせて読みたい

逆三角形の身体を作るのに絶対必要な部位3選

まとめ

広背筋下部はなかなか意識することが難しいですがしっかり歩フォームを身につけることができれば トレーニングがより楽しくなってきますのでぜひ皆様行ってみてください。

今回もご覧頂きぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事