名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.04.24

ベンチプレスで意外と知らない重要な筋肉!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

特に男性のトレーニング初期の頃にはベンチプレスを80キロあげたい100キロあげたいなどと目標を掲げ、そしてベンチプレスを毎回やりこむ日々が続くと思います。

ベンチプレスの主な筋肉は大胸筋 ですよね。

そして補助筋として上腕三頭筋、三角筋前部の筋肉が使われます。

ですが実はこれらの筋肉以外にもトレーニングを行った方が重量も上がり筋肉にもしっかり効かせることができるのです!

今回はその大切な筋肉をご紹介いたします!

合わせて読みたい

本物の塩とは?塩で筋肉がつく!?

この記事を読んで頂きベンチプレスをより効果的に行いましょう!

こんな人にオススメです

・ ベンチプレスの重量を伸ばしたい!
・ もっと筋肉が欲しい!
・ ベンチプレスを100キロ持ち上げるようになりたい!



下半身が大事!

ベンチプレスでは上半身を特に重要視される種目ですが、下半身の踏ん張りがなければうまく行うことができません。

基本的なベンチプレスは5ポイントコンタクトと言われており「両足」「お尻」「両肩」「頭」をしっかりと地面に接地させることが大事になってきます。

ですが様々ないろんなやり方がある中の1つであえて両足を上げて行うベンチプレスもあります。

このやり方はただ単に上半身、胸の押す力を力のみを鍛えたいと言う場合には有効になってきますね。

ですが全身の力を使って重量を伸ばしたい と言った場合は両足をしっかりと接地させた方が良いでしょう。

重量を持ち上げる競技パワーリフティングを行う選手はしっかりと足を踏ん張っていることがわかりますね。

この足の位置が少しずれるだけでも力の入り具合が変わってくるのです。

そして足に力が入ることによって腹筋にも力が入り体幹が固定され、固定されることによって上半身が安定して押し上げられると言う事ですね。

この足の位置は人それぞれによって違いますので練習して身に付けましょう。

大腿四頭筋

大腿四頭筋(もも前)の働きは膝を伸ばす働きがあります。

仰向けになった状態で地面に足をついた状態で膝を伸ばそうとするとももが力が入っていることがわかりますね。

膝を伸ばしすぎるとお尻が上がってきますので上がらない程度に踏ん張りましょう!

大臀筋

大臀筋とはお尻の筋肉ですね。

大臀筋の働きは足を後にのばす働きです。

ベンチプレスの仰向けの状態の時は足がお尻よりも後ろにあると思います。

重力によって足が後にある状態ですので、実はこの状態ではお尻の筋肉には力は入っていません。

意識的にお尻に力を入れようとしますと大腿四頭筋と同じように地面を蹴るように踏ん張りますとお尻に力が入りますね。

大腿四頭筋と同様にお尻が浮かないように踏ん張りましょう!

オススメの種目

下半身の種目を鍛えるトレーニングスクワット、レッグエクステンションなどでも非常に有効になってきますかが、大腿四頭筋、大臀筋この両方を同時のトレーニングできて、なおかつ体幹の安定性も養える種目はブルガリアンスクワットです!

ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワットのやり方は2種類ありましてスミスマシンで行うやり方と、ダンベルを使って行うやり方があります。

筋力に自信のない方は自習のトレーニングのみでもかなり筋肉に効きます。

基本的に片足でおこないますので左右の体感のブレなどを意識して行うことによりバランス能力も向上させることができますが、難しい場合はスミスマシンで行うようにすると良いのです。

ですがスミスマシンのメーカーによってはマシン自体のバーの重さが軽かったり重かったりしますので、スミスマシンのバーの重さがご自身にとって重かった場合はダンベルなしで自習トレーニングのブルガリアンスクワットを行い筋力をつけてからスミスマシンへデビューしましょう。

おわりに

ベンチプレスの重量は男性にとって強さの象徴でもあると私は思います。

ですが重い重さをあげれば良いと言う思いからお尻を上げて行うインチキプレスをして自慢する方も中にはいらっしゃいます。

それはそれでいいと思うのですがそれに見合った体つきにではない場合は恥ずかしいのでしっかりと筋肉に効かせるようにフォームを改善しましょう!

今回もご覧いただき是非ご参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事