名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.03.15

筋肉を大きくするためには毎日トレーニングするな!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

トレーニングを始める方の理由は様々あると思いますが、特に男性の場合トレーニングを始めてすごい楽しいと思う方が多いと思います。

そのためトレーニングを始めたはじめのうちは毎日ジムに行く、とにかくジムに行って筋トレしたい!早く重い重量を持ち上げたい!と思う方が結構いらっしゃると思います。

ですが毎日やると言うのは実は伸びが遅くなってしまう可能性もあります。

今回はそんな内容を解説したいと思います。

合わせて読みたい

筋肥大のためにやめたほうが良いこと!

この記事を読んで頂いて肩幅が広くたくましい体を手に入れましょう!

こんな人にオススメです

・意識が難しい
・肩を発達させたい!
・効果的なフォームが知りたい!



トレーニングの頻度について

トレーニングをして筋肉が増えるというのは、筋肉のタンパク質の合成が盛んになっていまして、同時にトレーニングは筋肉の分解も起こしてしまいます。

筋肉の合成を起こさせるのトレーニングでの刺激なのですが、その刺激が強すぎると分解も強くなってしまうのです。

トレーニングが終わって筋肉の合成がどのぐらいの時間起こり続けているかといいますと、その後約72時間合成が起こっているといわれています。

ですので例えば毎日トレーニングを行うとした場合24時間後にまたトレーニングをすると言うことになりますので、合成が起こっている時間にまた分解されると言うことになり重なってしまいますね。

できることなら合成を優先的にさせたいので、無駄が生じます。そして無駄だけではなく実は分解も起こっていますので分解も二重に重ね合わさってしまいます。

ラグビー選手を対象とした研究がありますが、トレーニング終わっても3日たってもその筋肉の分解が起こっていた、そしてテストステロンも減っていっていたと言われています。

もちろんその日のトレーニングの内容にもよりますが分解が二重のかさねがけされる事は発達よりも疲労も溜まっていきます。

毎日トレーニングしても重量が伸びる人

ジムに行く時間帯は大体皆さん同じ時間帯に行くことが多いと思います例えば仕事帰りや休日ですと午前中など。そんな時に毎回ジムに行ってそして毎回ベンチプレスをやっている方毎回スクワットをやっている方も中には見かけたことがあると思います。

毎日同じ種目をやっていてそして重量もすごい重い重量をされているこれはなぜなのでしょうか?例えばウエイトリフターや、ベンチプレッシャー(重い重さを持つ種目の選手)のやり方と言うのは筋肉を単独で働かせることはなく、全身をうまく使って重量を上げています。

と言う事は筋肉そのものへの刺激と言うのはあんまり強くありません。

ですのウエイトリフターの方があまり筋肉痛とかは来ないんですね。ですがボディービルダー、ボディーメイクの場合は筋肉を増やしたい場合は単独の筋肉をしっかり狙っていく、筋肉にしっかり効かせるように行うということになります。

そして大切なのは重りを下ろすときにゆっくり(エキセントリック)と動作を行う刺激が入るかどうかです。

ウエイトリフターの場合は下ろす時よりも上げて終わり、バーベルも頭上まで持ち上げて下ろすときはそのままポンとおろしてますよね。

エキセントリック(筋肉が伸びながら力を発揮していく刺激)がありませんよね。ですがボディービルのトレーニングと言うのは上げてゆっくり下ろしながらまた上げるの繰り返しですね。そのことによって筋肉にしっかりと刺激が入り筋肉を発達させる作用もありますが、その分筋肉をしっかりと回復させる必要がありますよね。

理想の頻度

先ほど72時間と言うことをお話ししましたができれば3日4日ほどは飽きた方が良いと思います。そしてご存知の通り同じ部位をトレーニングするのではなく、例えば今日胸をやって3日4日ほどあけてまた胸をやる.

この間に背中や肩などの他の部位のトレーニングができますね。

このやり方でしたら大丈夫なんですがやはり筋肉の分解が全身に働いてしまいます。

そして1回のトレーニングがあまり長くなりすぎるのも良くないので、1回のトレーニングは大体1時間ほどで短期集中を目標にできると分解が少なく筋肉の合成が有意に行われやすくなります。

合わせて読みたい

トレーニングと睡眠の関係「早く回復させたければ○○になれ!」

食事睡眠も大事

トレーニングをすれば必ず筋肉の分解が起こりますが、この分解を遅らせる弱ませる働きがあるのはやはり食事からのタンパク質摂取ですね!

トレーニングばかりではなく傷ついた筋肉、疲労した筋肉に栄養与えることによって分解も抑え次回のトレーニング効率アップにつながります。

この繰り返しによって目標とするからだ強靭な肉体を手に入れましょう!

そしてしっかりタンパク質を摂取して寝ましょう!

合わせて読みたい

筋力アップと筋肥大のトレーニングは違うって知ってますか?

おわりに

トレーニングが好きで毎日トレーニングをされたり毎日同じ部位をされたりしたい気持ちもわかりますが、筋肉はやればやるほど良いと言う問題でもありません。

効果的なトレーニング方法フォームリセット回数等もあり、そして食生活睡眠も大切にして生活しましょう!

この記事を読んでいただきぜひご参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事