名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.03.14

肩の後ろ三角筋後部の効かせるトレーニング「マシンリアデルト」

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

トレーニングをされる目的は皆様それぞれ違うと思いますが、かっこいいボディーラインはウェストが引き締まった分厚い胸板そして広い背中、広背筋ですよね。

ですがもう一つ重要な筋肉があります。

それは三角筋肩の筋肉です。

肩の筋肉でも前部、中部、後部と3種類あり今回はなかなかトレーニングされている方がいない後部の筋繊維の効果的なトレーニングのやり方、ポイントを解説いたします。

私が出場しておりますメンズフィジークのバックポーズの時の三角筋後部の発達も重要な評価基準になります。

合わせて読みたい

筋肥大のためにやめたほうが良いこと!

この記事を読んで頂いて肩幅が広くたくましい体を手に入れましょう!

こんな人にオススメです

・意識が難しい
・肩を発達させたい!
・効果的なフォームが知りたい!



三角筋後部の働き

三角筋後部の動きはリアデルタのように、主に前方から水平に後ろへ動かす動きです。

三角筋には三角筋前部、三角筋中部とありますが三角巾後部は3つのうち最も意識しにくい難しい種目となっております。

そのことによってなかなか発達が難しい方が多いです。

三角筋後部の重要性

三角筋前部と三角筋中部は比較的簡単に意識することができますが、後部はなかなか難しい種目となっております。

肩はこの3つの繊維から構成されていますがバランスよくトレーニングを行うことによって形の良い丸い肩になりボディーラインも綺麗でかっこ良い体になります。

また男性の場合ですとTシャツからでも筋肉の膨らみがわかるようになり体つきの良いモテボディーになります。

基本的なフォーム

まずシートの位置ですが、グリップを握ったときに肩とグリップがまっすぐ、もしくは少し下がったところで入れる位置に調整しましょう。

姿勢はこの状態で背筋はまっすぐではなく、少し猫背になるようにして肩甲骨を外に開くような意識です。

姿勢が正しく固定できたら横に開いていきますが、肘は完全に伸ばした状態ではなくほんの少し曲げた状態を維持しましょう。

開くときのポイントは後まで行きすぎず体の横あたりまでです。

そして再びスタート位置に戻します。

後ろからのフォーム

ご自身のフォームをチェックされる時は後からムービーで確認するとわかりやすいです。

左右の肘の開き具合などもチェックしましょう。

合わせて読みたい

筋トレ初心者が絶対意識したいポイント5つ!

よくないフォーム

1.後まで開きすぎている

この場合は腕が後まで動かしているので頑張っている感はありますが、そこまで行き過ぎると三角筋後部繊維の負荷が抜けやすくなり、その分肩甲骨の内側の筋肉が関与しやすくなりますので、無駄な動作になります。

そして姿勢も最初は猫背にしていましたが腕を後ろにやることによって、胸を張った状態になるのもNG。

2.手首が反っている

これはダメというかしっかりと三角筋後部に刺激を与えるためのテクニックの1つでもあり、手首が反っていることによって力が入りにくいと思います。(女性に多い)

しっかりと負荷をかけたい場合はグリップに力が入りやすいように、まっすぐ固定しておこないましょう。

3.体が斜めになっている

左右のバランスが崩れてますね。

肩の後ろの筋肉を意識したいですが腕を使ったりして片方に負荷が乗ったりしますので目の前に鏡がある場合は鏡を見ながら行いましょう。

4.中心がずれている

少し細かいですが筋肉をバランスよくトレーニングされたい場合は他の種目でも意識したいですが、前後左右できるだけ均等な位置に座る、握る位置も左右対象に指1本分でも気をつけながら行いましょう。

この小さな違いが後々のファームの崩れや発達のスピードにも関わってきます。

合わせて読みたい

フォーム意識!5kgのダンベルでも上腕二頭筋を発達させる方法!

おわりに

トレーニングで大事な事はいろいろありますが、その中の1つに正確に丁寧に行うと言うことも大事だと私は思っています。

私自身お客様のトレーニング指導を行っている経験から感じる事は、大雑把な方や焦ったりするタイプの方は動作も丁寧に行えない傾向にあります。

たった1階の動作にしてもゆっくり殺すなどの動作にしてもコントロールを適当に行うよりも、1回ずつの動作を丁寧に行ったほうがいい誰から見ても良い事はわかるでしょう。

トレーニングはやってる最中はすごいきつく早く終わりたい気持ちになりますが、丁寧に行いそれの積み重ねによって筋肉は成長しそしてより良いファームそして安定したフォームへ確立することができます。

皆さんもぜひ筋トレは早く終わらす事が大事ではなく完璧に出来なくても1階ずつ丁寧に行うことを意識しましょう。

今回もこの記事を読んでいただきぜひご参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事