名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.02.17

気になる下っ腹を刺激する簡単オススメトレーニング!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

今回は誰もが気になる腹部についてです。

若い頃ですとなかなか気にならないかもしれませんが、年齢を重ねてくると徐々に出てくる方も多いのではないでしょうか?

健康診断で年々ウエストが大きくなってきている方で何か運動したいけどジムに行くにもめんどくさいし、、、

という方にもご自宅で行える簡単トレーニングをご紹介いたします。

合わせて読みたい

筋トレしていない人でもタンパク質、アミノ酸は必要???

この記事を読んで頂いて夏に向けて気になる下っ腹を改善しましょう!

こんな人にオススメです

・ウエストが気になる
・特に下っ腹っが出てきた
・ジムに行くのがめんどくさい



なぜ下っ腹が出るのか?

お腹が出てくる原因は様々ありますが、

1.脂肪がついてきた

2.腹筋群が弱い

3.姿勢が悪い

この3つがほとんどの原因だと言われています。

純粋に体重が増えるとお腹だけではなく下半身から顔までサイズが大きくなる方が多いと思います。

見た目でもわかりますが、着たい服が着られなくもなりますよね。

合わせて読みたい

腹筋すると腰が痛くないですか? 【骨盤を意識してシンプルに効く】

下っ腹対策1

まず腹筋群が弱いことによって起こることの原因です。

腹筋、というと皆さんイメージされるのは表面の腹直筋だと思います。

これは、ぞくにいわれるシックスパックを作っている腹直筋ですが、ここでは腹筋群という事ですので、腹横筋(腹筋の奥にある筋肉が、インナーマッスル)ですね。

この腹横筋を鍛えることによって出っ張った下っ腹をある程度引っ込める事ができます。

腹横筋の鍛え方

腹直筋の場合ですと、クランチやカールアップなどですが、腹横筋の場合はドローイン(お腹をへこめる運動)という種目でインナーマッスルを刺激することができます。

やり方

立位でも大丈夫ですし、仰向けでも大丈夫です。

他のところに力が入らないように、お腹を意識した状態で息を吐きながら思いっきりへっこめます。

呼吸を止めないようにへっこめた状態で10秒間キープ。

10秒終わったら一旦休憩。

休憩時間は特に決まりはありません。

これを6セット合計1分間、腹横筋のトレーニングを行いましょう。

このやり方はダンベルやバーベルなどを使い筋肉を伸び縮みさせるのではなく、意識的に自分自身で力を入れ続けるアイソメトリックという運動になり筋力も向上します。

この種目は毎日やっても大丈夫ですので、下っ腹が気になる方はしっかりと行いましょう。

合わせて読みたい

腹筋すると腰が痛くないですか? 【骨盤を意識してシンプルに効く】

下っ腹対策2

骨盤付近のインナーマッスルを鍛える。

女性が尿漏れ対策などで鍛えたりされる場合が多いのですが、骨盤の中の筋肉を鍛えるのも大事ですね。

腹横筋の鍛え方

イスなどに座った時に、坐骨をしっかり立てて座ることです。

骨盤が後傾するような背もたれに寄りかかる座り方の場合ではなく、骨盤をニュートラルな状態にする、と言います。

この状態で、お腹を引き上げて肛門を引き締めると骨盤の中のインナーマッスルがしっかりと刺激されます。

この筋肉が緩んでくると内臓などの臓器が下の方に垂れてしまいますので、しっかり鍛えて内臓などを引き上げて元の位置に戻す、ということですね。

上手く力が入らない方は、タオルなどをお尻の下に置いて、お尻の力で挟む意識をすると力が入る感覚があると思います。

まとめ

腹横筋と、骨盤周りの筋肉(骨盤底筋群)の両方をトレーニングすることによって下っ腹を凹ませる事ができます。

しっかりと鍛えているのになかなか凹まない方は、お腹の脂肪の厚みが原因にもなりますので、食事も意識してみましょう!

おわりに

下っ腹を凹ませることはみんなが憧れがあると思いますが、特に男性でお酒を飲んでいる方に多き傾向がありますね。

お酒がお好きな方はやめるとさ事ができないと思いますので、お酒を飲むことと同じ、またはそれ以上にしっかりと身体を刺激して頑張りましょう!

今回もご覧頂き是非ご参考にして頂ければ幸いです。

 

人気記事

最新記事