名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.02.15

99%の人が勘違いしている!?トレーニングの新常識!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

トレーニングを長年しているとどこからかいろんな知識が入ってくると思います。

ネットやジム仲間、友達同士での会話のなかで、「これをやったらいい」「あれをやったらいい」など、どれがいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。

ですがそれは勘違い、もしくはもっと良い方法があるかもしれませんよ。

今回はトレーニングを始めた方、長年トレーニングをされている方のも参考にしていただければなと思います。

合わせて読みたい

筋トレしていない人でもタンパク質、アミノ酸は必要???

この記事を読んで頂きより良いトレーニングにご活用ください!

こんな人にオススメです

・筋トレの効果をあげたい
・トレーニングの知識を身につけたい
・筋肉をつけたい



タンパク質の摂取タイミング

まず初めにタンパク質摂取のゴールデンタイムですね。

皆さんはトレーニング後にタンパク質、プロテインを必ずと言って良いほど飲まれていると思います。

今までではトレーニング後出来るだけ早くプロテインを飲んで筋肉に栄養を届けると言われてきました。

ですが研究によってより効果的な方法がわかりました!

2種類の研究結果!

朝晩2回プロテインを飲んだ場合と、トレーニング前後に飲んだ場合の2通りの摂取を比較しました。

そうするとトレーニング前後2回プロテインを摂取された方が効果があったとわかりました。

トレーニングを行うタイミングで摂取されるとより効果的なと言われてきましたが、トレーニング前後の場合はトレーニング1時間ほど前に摂取された方がより効果的となりました。

理由はトレーニングを開始するとタンパク質の合成がすでに始まっています。

トレーニング前にタンパク質がないと合成させる事ができませんのでトレーニング前に摂取する事が1番良いとされました。

そしてトレーニング後ももちろんタンパク質を摂取しましょう。

合わせて読みたい

プロテインバーより優秀!なぜトレーニーは卵をよく食べるのか?

筋肉を増やしたい方は有酸素運動は向かない!?

有酸素運動というとダイエット、脂肪燃焼などの目的で行う方もいらっしゃいますね。

大会に出場される方も上手く減量がいかない場合の最後の追い込みで有酸素運動をされる方もいらっしゃいます。

ですが筋肉を増やしたい方の場合はあまりやりすぎない方がいいでしょう。

やり過ぎない方がいい理由は?

有酸素運動というのは遅筋繊維を増やしてしまいます。

筋肉が増えやすいのは速筋繊維でが有酸素運動をして遅筋繊維を増やしてしまうと速筋繊維を増やす労力が勿体無いですね。

トレーニング時間90分あった場合、45分有酸素運動、45分トレーニング、を行うより90分トレーニングをされた方が速筋繊維も増えやすいです。

有酸素運動もやりたくて、でも筋肉の方がつけたいという方は最初のウォームアップで10分15分程度軽めに身体を温めて、残りの時間はトレーニングで速筋繊維を増やす方が効果的です。

合わせて読みたい

実はダイエットに有酸素運動が効果的でない理由!?

高重量ばかりのトレーニングは?

筋肉というのは重い重量を扱うことによって筋肉も大きくなってきます。

ここでポイントなのは高重量と高負荷は違うという事ですが、高重量というのは思い重さ、高負荷というのはその人にとって重い重量ということになります。

筋肉が発達していく段階で使用重量が伸びてきた結果高重量になってきた。

という事でしたら良いのですが、身の丈にあってない不可。

ただ単に思い物を闇雲にやれば良いということになりますと、例えばバーベルカールの場合フォームが崩れて反動を使ってあげるとなると、上腕二頭筋に少ししか効いていなくて、初心者の場合腰を反りすぎて腰を痛めると言ったこともあります。

1番重要なのは正しいフォームの範囲内でその人にとって、高負荷でのトレーニングを行うことによって筋肉にしっかりと効いてきますし発達もしやすくなります。

軽い重量でのトレーニングは?

ただ単に重い物を持つ!という考え方の方は軽い重量でフォームを習得し、そのフォームを崩さないように徐々に上げていくことをオススメいたします。

軽い重量でも筋肉に乳酸が溜まりますので、成長ホルモンの分泌を促進させて筋肥大にも効果的です。

高重量でのトレーニングばかりされている方はたまに軽い負荷で行うことによって、また、違った刺激が入りますよ。

また、軽い重量で行うことによって、関節なども休める事ができますので、筋肉も発達させたなが体も休まさせる事ができますので、怪我の予防にもなります。

合わせて読みたい

筋力アップと筋肥大のトレーニングは違うって知ってますか?

おわりに

私自身の場合はジムに行ってもストレッチだけの時もあります。

筋肉痛の部位はもちろんやりませんが、筋肉痛の部分がなくても、気分的に「今日はストレッチしよう」という感じで、ストレッチマットに1時間、長い時は2時間くらいはストレッチをやってます。

ストレッチポールや、お尻にテニスボールなどを置いてほぐす場合は携帯電話も使いながらできますので飽きずにできますよ。

今回もご覧頂き是非ご参考にして頂ければ幸いです。

 

人気記事

最新記事