名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.02.10

実は!冬の方がダイエットには向いている!?

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

夏のシーズン前や4月になる前にダイエットを始める方が多いですね。

皆さんも海に行くから!半袖で二の腕が見える時期だから、子供の入園式や入学式など。

私のお客様の中でもダイエット目的でご相談される方もいらっしゃいます。

夏前や4月の前のシーズンからでももちろん大丈夫ですがもう少し効果を上げたい方は冬のシーズンからスタートすることによって、フライングスタートできます!

今回はダイエットにオススメな冬のシーズンからのスタートについて解説いたします。

合わせて読みたい

MCTオイルはダイエットに効果的なのか!?

この記事を読んで頂きダイエットを少し早めにスタートしましょう!

こんな人にオススメです

・やろうと思っているけどなかなかスタートできない方
・毎回ダイエットに失敗する方
・なかなかやる気が出ない方



冬の方がダイエットに向いている!?

人間というのは恒温動物と言って、体温を一定に保つことによって生命維持をすることができます。

また変温動物とは外気に合わせて体温を変化させる動物で、鳥類・哺乳(ほにゅう)類を除くすべての動物だと言われています。

なぜ冬の方がダイエットに向いているかというと、恒温動物の人間は体温を維持するために代謝をあげようとするので、より一層カロリーを使うにのです。

冬と夏の代謝を比べますと、冬の方が何もしなくても消費されるカロリーが増えている!

冬の方がダイエットには向いていると言えます!

注意点するポイント

消費カロリーは増えるのですが、冬の方が食欲が増える方が多い傾向にあります。

その理由は本能的に寒さをしのぐために脂肪を蓄えて身体の熱が外に逃げにくくするように身体を守ろうとします。

そのため食欲が増し脂肪を溜め込む傾向にあります。

その逆で脂肪が少ない方は熱が逃げやすいということになります。

冬の場合ですとなかなか動きたくないという方も多くほんとは動いた方がいいのに、もったいない方が多くいらっしゃいます。

合わせて読みたい

タンパク質と身体の関係「筋肉の関係」

食欲を抑えるには?

実はホエイプロテインが食欲を抑えるのに効果があると言われています。

朝食にホエイプロテインを飲むことによってタンパク質も摂取する事ができますよね。

ここでのポイントはいつも飲む量よりも多く摂取するということで、いつもだと30g摂取されている方は40g45gと増やしてみましょう。

最初から多く摂取してしまうとお腹の調子が悪くなる方もいらっしゃいますのでご自身のペースで増やしていきましょう。

お腹が膨れる場合は無理に朝食は食べる必要はなく、朝食はプロテイン飲みでも大丈夫です!

お昼まで持ちそうでしたら何も食べら必要はありませんが、途中10時11時ごろにお腹が空くようでしたら、卵1個など食べやすいものを完食としてお召し上がり頂ければOK!

合わせて読みたい

プロテインは身体に悪い!?

カプサイシンも効果的!

夏はなかなか暑くて食べられないと思いますが冬ですと鍋がちょうどいいですね。

寒い時期に唐辛子が入った鍋など辛いものを食べる方も多くいらっしゃると思います。

唐辛子に含まれるカプサイシンは褐色脂肪細胞を刺激してさらに消費カロリーを高めてくれます。

なかなか朝から食べると言う方はいらっしゃらないと思いますが、朝から食べる事ができればお仕事中もトレーニングでの消費カロリーも高くなり脂肪燃焼効果も高まります。

冬のうちからダイエットを頑張って目標の時期までに達成されたい方は是非試してみてください。

辛いので汗はたくさん出ますが、汗が出たからいいのではなく、運動もセットで行いましょう!

おわりに

これから段々と暖かくなってくる時期にもなってきますが、運動を始めるのに早いに越したことはありません。

もちろんダイエット目的だけではなく健康維持、健康増進目的でも今から始めることができます。

運動のやり方、食事の考え方はいろいろありますが、ご自身にとって合うやり方を探しましょう!

この記事を読んでいただきぜひご参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事