名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.02.06

筋トレしていない人でもタンパク質、アミノ酸は必要???

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

 

身体作りではトレーニングのみではなく食事も意識しないといけないことは皆さんご存知だと思います。

その中でも筋肉の材料となるタンパク質が大切でその分解されたものアミノ酸も大切です。

ではトレーニングしていない方、またはハードなトレーニングをされていないかたはどうなのでしょうか?

よく運動せずにタンパク質をとっていると太ると言われる方もいいますが、今回はアミノ酸について解説致します。

合わせて読みたい

タンパク質と身体の関係「筋肉の関係」

この記事を読んで頂きアミノ酸の知識を身につけましょう!

こんな人にオススメです

・週に一回だけのゆるいトレーニングの方
・運動をしていない方
・太らないか心配の方



タンパク質の重要性

人間が健康的に生きていく上で1番大切な栄養素は何だと思いますか?

それはタンパク質ですね。

もちろん炭水化物には炭水化物の役割、脂質には脂質の役割などありますが、タンパク質は消化酵素やホルモン、神経伝達物質、細胞の骨格などさまざまなものにタンパク質は重要になります。

生命を維持するために1番大切な栄養素となりますね。

私自身8割ほどは、魚、肉、卵などの高タンパク質な食事のみでも生きていけるような気がします。

ですが、多くの方に当てはまると思いますが、タンパク質の十分な量を摂取する事は難しいです。

普通の食事でも日本人の場合外国の方と違いタンパク質の摂取料が少ないです。

外国の方はタンパク質もたくさんとってますが、無駄なものも取っているので脂肪がついている場合もありますね。

高齢の方の方がタンパク質は必要

日本人の特に高齢の方ですと消化能力も若い方と比べて悪くなりますし、タンパク質を作る能力も低下してきます。

タンパク質を作る事ですが、実は身体のほとんどの部分がタンパク質からできています。

もっと細かくするとアミノ酸からできています。

アミノ酸がたくさん集まってタンパク質となり、タンパク質がたくさん重なって身体ができています。

ですが年齢を重ねるとタンパク質を集める働きも弱くなりますので、若い方よりもタンパク質が必要になります。

合わせて読みたい

タンパク質ってそんなに重要?【オススメなタンパク質の食材】

吸収しやすいアミノ酸がオススメ!

高齢の方の場合ですと、タンパク質の消化能力も低下してしまいますので、肉、魚、卵などタンパク質以外にも最初から、消化しやすく分解されているアミノ酸で摂取されるのもOK!

アミノ酸ですと、最初から分解されていますので、胃腸への負担もなく、吸収もされやすいです。

アミノ酸を摂取し続けることによって、タンパク質を集める働きも高まってくる事が分かっています。

特にアミノ酸の中のロイシンがタンパク質を集める働きを高めてくれます。

女性でももちろんOK!

男性に比べて女性はなかなか量を食べれない、すぐにお腹いっぱいになってしまう方なども、アミノ酸の摂取は非常に有効で、身体作りの効果もアップするでしょう。

健康を維持、健康増進のために非常に大切な栄養素になりますので、日頃から摂取されることをお勧めいたします。

合わせて読みたい

プロテインの効果的な摂取するタイミング

まとめ

基本的にタンパク質、アミノ酸はトレーニングをされていない方にも大変重要な栄養素となっとります。

1日の摂取量が仮に多かったとしても筋肉や身体の細胞への栄養素になります。

年齢を重ねるとより多くのタンパク質も必要になりますので意識して摂取しましょう。

おわりに

よくテレビなんかで高齢のすごく元気な方が朝からお肉を食べています!

とガッツリボリュームなものを召し上がっているのを見た事があると思います。

このような方は若い頃から身体に慣れさせて身体の内側も強くなっていると思います。

若い方も基本的にタンパク質は必要ですが、食欲がある若い方の方がむしろ足りていない場合も多いと思います。

いきなり食べる事は難しいですが、徐々に身体に慣れさせて食べていけるように努力しましょう。

今回もご覧頂きありがとうございました。

 

人気記事

最新記事