名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.01.22

女性でも筋肉が大きくなるのか?「マッチョになるには嫌!」

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

今回は女性がトレーニングによって筋肉が大きくなるのか?について解説いたします。

私自身新規のお客様のカウセリングの際、先生みたいにはなりたくないとおっしゃられる方が半数ほどいらっしゃいます。

筋肉増強剤などのお薬を使わなければ、結論から言いますと100%慣れません、使ったとしても私の体付きに達成できない方がほとんどだと思います。

それではなぜ女性が筋トレをして筋肉が太くなったのかを解説し、中には当てはまるものもあるのではないかな?と思います。

この記事を読んで頂き筋肥大が起こる仕組み、改善方法が学べます

こんな人にオススメです

・スリムになりたい方
・身体が大きくなりやすい方
・筋トレをして逆に大きくなった方



筋肥大の原理

筋肉が大きくなるには2つのホルモンが必要です。

成長ホルモン

成長ホルモンとは怪我をして身体が傷ついたり、身体を成長させるためのホルモンです。

睡眠時、運動中、空腹時に、このホルモンが出やすいと言われています。

また、髪の毛を伸ばしたり、爪を伸ばしたり、お肌を綺麗にする働きもあり、若返りホルモンとも言われています。

このホルモンの分泌が少ないと、老けて見えたり身体が弱ってしまって、免疫力も落ち、風邪や病気にもかかりやすく、身体にとっては良くないことが起こります。

男性ホルモン

筋肉を合成させるためのホルモンです。

筋肉が合成=大きくなるためには男性ホルモンが必要ですがトレーニングにで分泌される男性ホルモンは男性と女性では異なります。

男性が1分泌されるとすると、女性は男性に比べて16分の1の割合になります。

女性が男性ほどの筋肥大を獲得したい場合、男性と同じ運動強度で16回トレーニングしないといけないと言われています。

仮に私が1回90分の高強度のトレーニングを行なった場合、女性は180分(3時間)高強度のトレーニングをおかなわないと、私と同じ筋肥大の効果が得られない計算になります。

普通に考えますと、トレーニング初心者の男性でさえいきなり180分高強度のトレーニングは行えませんし、同じ重量も扱えませんし、体力も持ちませんし、集中力もおそらく30分くらいでなくなると思います。

ましてや女性のトレーニング初心者の場合はおそらく1セット目から高強度の本当のトレーニングに怖さを感じると思います。

良く私も友達と一緒にトレーニングすることがありますが、トレーニング好きの友達でさえ、オレが今までやっていたのは遊びだったと言います。

この2つの理由、ホルモンの関係と、トレーニング強度の今回をご理解頂ければ、私みたいな身体付きには100%なりたくない、ではなく、ならないですね。

細い男性もいますよね

例をあげますと、アンガールズ山根さんがYouTubeで動画を公開されています。

一年間トレーニングに励まれたということでスクワット、デッドリフト、ベンチプレスのマックスを測定されていますが、体付きはどうでしょうか?

トレーニング前と比べて体重は9キロ増えたそうですが、腕や足の太さはまだまだ細い感じですね。

ちなみに女性でも同じくらいの腕、足の太さの方もいらっしゃると思いますが、同じ重量を持てるかといえば、持てないと思います。

大きくなる理由は?

理由はいくつかありますが、かなり影響している項目をご紹介致します。

水分不足

トレーニングをするといつも以上に水分が出ていきます。

特に女性に多いのですが、1日水も1リットルも飲めないという方。

水が少ないと浮腫の原因にもなり血液もドロドロ、血行も悪くなります。

身体が浮腫む事によって、身体は大きくなります。

トレーニングをしていれば本来水はこまめに飲まなければいけませんが、トイレが近くなるからという理由で、飲まない方が多いですね。

身体が変わる事よりも、トイレを我慢する方を優先にしている時点でダメですね。

合わせて読みたい

その生活よくないですよ【1番効果的な美脚足やせメニュー】

血行不良

血行不良により身体が冷えやすかなります。

水分不足により浮腫もひどくなりますが、水が少ないと身体も冷えやすくなります。

身体が冷えやすくなり、さらに血行不良とダブル効果で脂肪も燃えにくくなりますよね。

タンパク質不足

ダイエットにはやっぱりいい野菜でしょ!

野菜たくさん食べてます!

という方もたくさんいらっしゃいます。

野菜じゃ代謝は上がりませんし、筋肉も分解されて身体が冷えやすくなります、脂肪が燃えにくくなります。

合わせて読みたい

タンパク質ってそんなに重要?【オススメなタンパク質の食材】

まとめ

男性でもなかなか筋肉がつかない方がいるにもかかわらず、ましてや男性よりも女性の方が筋肥大しやすいというのは考えられません。

身体作りには正解はありませんが、統計学的にこれをやれば大体の方は身体が変わりますよ、というのはわかってきています。

なかなか変化のない方は、何を食べればやせやすくなるか?などをご自身のお身体で実験してみるのもいいですよ。

おわりに

私自身、お客様から全身筋肉ですごいですね!

と言われます。

ですが、大会の時は15キロくらい落としますよと言うと皆様びっくりされます。

ここからどこを落とすの?と聞かれますが、今の私でさえ15キロ落とすことができるので、お客様の場合ももっと落とせるところはありますよ!と、、

正しく身体を作りたければ、まずは生活からの皆をしをしてみてはいかがでしょうか?

今回もご覧頂きありがとうございました。

 

 

人気記事

最新記事