名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.01.07

初心者には実はスロートレーニングが超オススメ!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

今回はスロートレーニングについて解説いたします。

スロートレーニングはトレーニング初期の時からうまく身につけることができれば、今後のトレーニング効果も何倍もUPします。

合わせて読みたい

筋肥大が起こる仕組み「基本に戻ろう!これを知らないと筋肉は成長しない!」

この記事を読んで頂くことにより絶大に筋肉に効き成長します

こんな人にオススメです

・筋肉に効いている感じがしない
・トレーニング効果を実感したい
・フォームが乱れるので改善したい



スロートレーニングとは?

トレーニングを始めるためにフィットネス クラブや24時間ジムに行かれると思います。

一番初めに習うのが器具の使い方ですね。

そこではおそらく下ろす動作を3カウント、押す動作を2カウント、など、一回の動作をだいたい5カウントで行う事が基本だと教わりますね。

ですがトレーニング初心者の場合はまだ動作のスピードをコントロールするということは難しくフォームの安定性を保つことも難しいです。

フォーム同じスピードでやっているにもかかわらずだんだん疲れてくるとスピードが早くなったりして関節が悪い角度で曲がったりして逆に痛める場合などもあります。

ここでお勧めするのは全ての動作をできる限りゆっくり行うということを意識して行いましょう。

スロートレーニングのメリットは?

トレーニング初心者の方にオススメの方法になりますが、実はトレーニング上級者の方にもオススメなスロートレーニング。

トレーニング初心者の場合ですと、動作が正しい動作で行えます。

例えば10キロのダンベルで10回1セットを行う場合普通のスピードでしたらトレーニング時間はだいたい約15秒から長くても35秒程度だとおまいます。

ですが出来るだけゆっくり行う場合10キロの場合3回ほどしかできず、できても4.5回程度ではないでしょうか?

これはこれで良いのですが、初心者の場合は回数も多く出来るだけ身体で覚えた方がいいので、ゆ1つの動作を5秒以上かけてで上げる、5秒以上かけて下げる、ゆっくり行うと5.6キロほどしか持たないと思います。

ですが、重さが重要ではなく筋肉に効いている、かつ、骨や関節に安全でフォームを習得することができます!

スロートレーニングのデメリットは?

デメリットはほとんどありませんが、例えば混んでいるジムなんかですと、何セットも続けて行うことができないのでインターバルが少し長くなるかなと思います。

1セットの時間も普通に比べて2.3倍ほどかかりますが、筋肉に効いている時間は長いのでデメリットとよりもむしろメリットの方が大きいです!

トレーニング参考例(上腕二頭筋編)

男性が鍛えたい部位ランキング1位の腕種目。

最もポピュラーな種目ですがなかなか太くならない方も多いのではないでしょうか?

私もインターバル中にチラッと横を見ると腕トレをされている方がいらっしゃいますが、フォームが悪く全く効果のない種目になっていますね。

もちろんそのかたは腕も太くはありませんしもったいない感じがしますね。

その中でもよく間違ったやり方が多いインクラインダンベルカールについて解説します。

インクラインダンベルカール

ポイント解説

1・インクラインというのはフラットよりも角度を45度くらい斜めにした状態で行う種目です。

普通のダンベルカールに比べてストレッチ感覚がありますので、可動域が広いことが特徴です。

2・息を吐きながら肘を曲げダンベルを胸の前あたりまで持ち挙げます。

背中をつけた時にスタンディングのダンベルカールよりも少し腕が後ろにある感覚ですね。

3・腕が身体よりも少し後ろの位置にあり脇をしめ、肘の位置を固定しながら前腕だけが動いてきます。

そして息を吸いながらスタート位置まで戻しましょう。

4・2と3を繰り返します。

BADポイント

基本的に負荷が腕、上腕二頭筋になっている感覚がないといけません。

肘が伸び切ってしまうと完全に上腕二頭筋から負荷が逃げてしまいます。

ダンベルを下ろす時も完全に伸びきらず、1センチほど曲げて止める、これだけでもかなり効きます。

正しいフォームでは腕が身体の少し後ろならある感覚ですが、ダンベルを持ち上げるときに肘の位置がずれて前方に出てきてしまっていますね。

肘が動いてしまうと上腕二頭筋の収縮が弱くなります。

正しい動作ですと腕を曲げた時ダンベルが上にある状態でも負荷が抜けていないと思いますが、このフォームでは上に上がったときに負荷が逃げていますね。

合わせて読みたい

【上腕二頭筋のトレーニング】独学でトレーニング:そのフォーム効果ありますか?

まとめ

トレーニング初期の段階で正しいフォームを身につけることができれば、悪い癖がなく、トレーニング効果も何倍にもなります。

何倍にもなることによってトレーニングの楽しさがわかり今後もさらにトレーニングが、好きになると思います!

おわりに

YouTubeやSNSでは簡単にトレーニング動画を見ることができます。

私がトレーニングを始めた10年前に比べれば身近に感じることができます。

ですが、ただ可愛い、綺麗なだけ、や、もともとスタイルが良くトレーニングの知識や経験が浅いトレーナーや、中にはステロイドを使っているにもかかわらずナチュラルトレーナーだと言って活動されている方もいます。

筋肉は2、3年やっただけでは簡単につきません。

この記事を読んで頂いている方だけでも正しい情報で、地道ですが効果のあるトレーニングを実感して頂ければ幸いです。

 

人気記事

最新記事