名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2020.11.20

ダイエット中に実はこれは食べてはいけない!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

体重を落としたいな、、、最近体型が気になってきたな、来年の夏に向けて身体を絞りたいな。

など、スリムなカッコいい綺麗なスタイルは皆さん憧れますよね。

そんなあなたもスリムなかっこいい身体を目指し、YouTubeで動画を見たら、ググって調べてみたりしてどんな方法がいいのか?なんて思ってませんか?

いろいろ頑張っているけどやっぱり食事を意識するのも大事だな、、と、、

野菜をたくさん食べたり、空腹を紛らわすために果物なんかも食べているけど、なかなか思うようには、、

と思っているあなた!

この記事を見て頂く事により、実はその食べ物が痩せない原因だった!と気がつきます。

 

こんな人にオススメです

・今の食生活を見直したい
・この食べ物がなぜダメなのか知りたい
・飲み物で気をつけるものは?

 



果物

果物はダイエットとの時はなるべく控えるようにしましょう。

果物には加糖、ブドウ糖、砂糖、入っています。

食品には一つ一つ炭水化物、脂質、タンパク質など食品成分表があるのですが、果物も見ていただくと実は砂糖も入っています。

ダイエット中に果物を摂取してしまいますと、糖分の摂り過ぎになってしまいます。

一見お腹にも全然重たくないので、果物ダイエットといってお召し上がりになられる方もいらっしゃいますが気をつけましょう。

お腹に重たくないということは消化吸収も良いということで、ついつい食べ過ぎてしまうなんてこともあります。

良かれと思って食べているけど実はよくなかった、果物ばかり食べているけどなかなか体型も変わらないな、疲れやすくなったな、と思う方は間違った方法でよ。

お菓子類

大きく分けて2種類あります。

お菓子類はもちろん皆様ダイエットの天敵とも言われていますが、お菓子にも種類があります。

できれば食べない方がいいのですが、大好きな方は本当に大好きなので、もし食べるならのことを考えてどちらがいいのかまとめてみました。

洋菓子

洋菓子の方が太りやすく、糖質+脂肪で作られていることが多いのです。

身体に吸収されてもまた欲しくなって、食欲も収まらなくなってきます。

人間が1番太りやすい条件というのは、糖質+脂肪という事ですので、もしお菓子を食べたくなったら洋菓子よりも和菓子をオススメします。

和菓子

和菓子の方は糖質が主に入っていまして、洋菓子より脂肪があまり入っていません。

トレーニング初心者の方は信じられないかもしれませんが、トレーニング上級者な中には和菓子を食べてトレーニングをされる方もいらっしゃいます。

オススメはようかんです。

ようかんは脂肪が少なく糖質が多いのでエネルギーになってくれます。

摂取するタイミングはトレーニング前です。

トレーニングのエネルギーとして使われますので比較的身体に影響を与えず、甘いものを食べる事ができます。

果物100%ジュース

先程の果物ともつながりがあるのですが、果物よりも粉々になっていますので、普通に果物を食べるよりも消化吸収が早いです。

砂糖+加糖も入っていますので、身体の血液の循環を悪くしてしまい脂肪を燃やす働き(代謝)が悪くなってしまいます。

加糖を多く摂取してしまうと、中性脂肪が増えやすくなったりと生活習慣病になる可能性が高くなります。

こんにゃくで脳をだます

よく空腹を紛らわすためにこんにゃくを食べる方もいらっしゃると思います。

お腹が空いた状態というのは身体の中にエネルギーがない状態で筋肉が分解されようとしています。

筋肉の材料はタンパク質ですが、こんにゃくの100gのタンパク質量は0.1gです。

身体は筋肉を分解しないようにタンパク質を欲しているのですが、こんにゃくを食べてしまうと十分なタンパク質が確保できないので、空腹感は無くなりますが、筋肉は分解されてしまいます。

筋肉が分解されると代謝は下がり脂肪が燃えにくい身体になりますので、身体をだますためにこんにゃくを食べるなどはやめましょう。

しっかりとタンパク質を摂取された方がメリハリのある身体に引き締まって痩せますよ。

まとめ

果物は気をつける

お菓子類:食べたい時は和菓子を選択

脳を騙すものは食べない

おわりに

いかがでしたか?

ダイエットされている方の中にはこれらが当てはまる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これらをぜひ実践していただき、あなたの健康的な身体作りにお役にたてて頂ければ幸いです。

 

 

人気記事

最新記事