名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2020.11.18

筋肉がつかない人の特徴

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

筋肉とは最高のファッションであり、筋肉は一生ものの服とも言われるほどの役割があります。

そんな筋肉ですが、トレーニングをやって「腕が太くなった」「ヒップアップ出来た」など変化を実感できると楽しいものですが、中には最近全然変わらないし楽しくないな、、、などと落ち込んでいませんか?

そんなあなたにこの記事を読んで頂ければなと思います。

この記事を読んでいただくと筋肉がつかない原因が知れて改善して頂くことによって、あなたのトレーニング効果がさらにアップします。

こんな人にオススメです

・トレーニングしてもなかなか効果が上がらない
・トレーニングしているのに逆に筋力が落ちた
・毎日トレーニングをしているのに効果が出ない



毎日トレーニング 漬けになっている

トレーニングをやり始めて最初のうちは面白いように重量も伸びたり、腕が少し太くなった、ウエストに綺麗な線ができた、など今までに経験した事がないような嬉しさが味わえますよね。

ですがその楽しさのゆえ最初と比べて、トレーニングは楽しいけどなんか成長している感じがしないな、、、

なんてこともあると思います。

オーバーワーク

簡単に説明しますとやり過ぎ!ということですね。

筋肉というのはトレーニングをして負荷を与えると、筋繊維が断裂してしまします。

断裂した筋肉はもちろん修復させようとするのですが、最初に負荷を与えた筋肉は、次はこの負荷なに耐えれるようにしよう!

と最初の状態よりも強くなろうとする働きがあります。

これを合成と分解と表現するの事ができます。

超回復ができていない

超回復というのはトレーニングをして筋肉に適切な負荷を与えた後、十分な栄養補給をし、48時間〜72時間休息をとると、以前の状態よりも筋力UPや筋肥大という成果が現れる事です。

トレーニングで筋肉を強くしたいのですが、トレーニングをやりすぎてしまうと分解の方が強くなってしまいます。

となると合成が間に合わなくなって筋肉が分解ばかりされていきますので筋肉が「全然増えない」という状況になってしまいます。

オーバートレーニングの見極め方

基本的にトレーニンでは筋力が向上していきますが、以前持てていた重量が「なんか挙がらないな?」と感じるようになったら、オーバートレーニングの疑いがあるかもしれません。

例えばMAX重量が100KGだった場合、2〜3ヶ月トレーニングをしていても重量の更新ができない。

という場合は筋肉の分解の方が多くなっています。

もっとひどい場合にはMAX重量が100KGだったのが95KG、90KGと下がってしまったなどという場合は明らかにやりすぎ。

オーバートレーニングですのでやりすぎないようにしましょう。

オーバートレーニングの解決策

使用部位を1週間〜2週間休む(トレーニング頻度を減らす)

トレーニング時間を減らす

セット数を減らす

食生活が乱れている

トレーニングもやり過ぎてはいないし、休息も十分とっているし、食事もカップラーメンなども食べていないけどなかなか変化がない。

ここでの食事の乱れというのは筋肉にとって乱れてはいないか?という事です。

カップラーメンを食べていなかったとしても、筋肉にとって十分な材料がなければ、それは食生活が乱れている事と同じです。

筋肉のとって十分なタンパク質を摂取できているか?

ここで大事になってくるのはあなたが満足するタンパク質量ではなく、筋肉が満足するタンパク質量をしっかり摂取しているか?

という事です。

どのくらいタンパク質を取れば良いのか?

トレーニングしていない人、増量の方、減量の方ではタンパク質量が違っていきます。

あなたはどのくらいタンパク質を摂取すれば良いのか、把握しましょう。

増量したい方よりも実は減量したい方の方がタンパク質を意識して摂取する必要があります。

トレーニングしていない方:体重 x 1.5〜2倍

増量したい方:体重 x 2〜2.5倍

減量したい方:体重 x 2〜3倍

合わせて読みたい

【大会出場者も実践:寝ている間に勝手に体重を落とす方法】

血液の循環が悪い

トレーニングの頻度を減らしても筋肉が回復しなければ合成させる事ができません。

回復させるためには血液の循環が大切になってきます。

栄養をしっかりと摂取しても、その栄養が消化、吸収されて筋肉や細胞に行き渡らないと意味がありません。

筋肉や細胞に行き渡らせるには血液の循環によって栄養が全身に送られます。

血液の循環が悪いと、食事からの栄養も行き渡らなくなります。

半身浴

半身浴のやり方は38℃〜40℃のお湯で20分〜30分じわーっと汗をかく程度で行いましょう。

血行が良くなることはもちろん、老廃物を排出し、自律神経も整えてくれます。

ここで勘違いされるのは汗をかくと体重が落ちます。

この体重が落ちた原因は脂肪が分解されたのではなく、身体の水分が抜けていったためです。

半身浴の後体重の現象に喜ぶのではなく、最低でも体重が減った分の水分補給必ず行ってください。

マッサージ

トレーニングで使った筋肉は疲労物質もたまります。

マッサージには血行を良くして疲労物質を早く除去する効果もあります。

疲労物質がたまるとその部分が硬くなり可動域が狭くなって、トレーニング効果も下がったり、怪我をするリスクも上がったりします。

セルフでできる筋膜リリースやストレッチポールなど簡単に行えるものもあります。

日頃から身体が硬いな、と思ったら少し背伸びをしてみたり、朝のラジオ体操なども効果的です。

まとめ

オーバーワークになっていないか?

食事が乱れていないか?

血液循環を良くする

 

おわりに

今回ご紹介した内容は特別なものを使用することなく簡単に行う事ができます。

ジムに行けばフォームローラーやストレッチポールはあると思いますし、ご自宅の場合ですとテニスボールゴルフボールなんかでも筋肉をほぐせて血流を良くする事ができます。

この記事を読んでいただいてあなたのトレーニングに生かして頂ければ幸いです。

 

人気記事

最新記事