名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2020.11.10

コーヒーが脂肪を分解してくれる事を知っていますか?

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

よくモーニングコーヒーをして朝のスタートをする方もいますように、コーヒーには身体にいい影響をもたらしてくれます。

頭がすっきりして目が覚める!などとも聞きますが、ただ何気なく飲んでいる方がおいと思うますが、実はそれ以外に素晴らしい効果があるのです。

この記事を読んでいただくことでコーヒーに含まれている物質が学べ、コーヒーがあなたにとって筋力UP、脂肪分解の効果をもたらしてくれます。

 

こんな人にオススメです

・筋力をUPしたい
・トレーニングのモチベーションを上げたい
・脂肪分解効果がある身近な飲み物がを知りたい
・生活習慣予防



アデノシンとは

アデノシンとは体内の活動を抑える働きがあります。活動を抑えると言うことは眠くなると言うことになりますが、このアデノシンと結びつく物質がカフェインとなっています。

カフェインが結びつくことによってアデノシンの働きを働かなくさせる事ができるのです。

アデノシンが働かなくなると言うことは眠くなるのが抑えられると言うことになりますね。

ドーパミンとは

皆さんも聞いた事があると思いますが、ドーパミンとは身体を目覚めさせる、覚醒させる物質です。

ドーパミンの分泌が少ないと、勉強仕事に集中できないや、メンタルもネガティブな方向に進んでしまいます。

逆にドーパミンの多くなってくるとやる気が出で物事に集中できるようになります。

集中できるようになると効率よく作業を行うことができるようになり意欲的になりますよね。

このような状態が続くと人は幸せに感じることができメンタルもポジティブになれるのです。

カフェインはドーパミンと結びつき、ドーパミンの働きを高めてくれるのでより目が覚めた状態ややる気が出てくると言う仕組みになっています。

グルタミン酸とは

グルタミン酸もドーパミンと同じ働きを持つものがあり、身体を目覚めさせる働きがあり、脳を活性化させる働きもあります。

さらにダイエットしている方、身体を絞りたい方にも嬉しい身体に脂肪を溜め込む事を抑える働きもあります。

過食によって脂肪になろうとしているものを前の段階で抑え込むという事ですね。

お肌はアミノ酸が多く含まれていますが、さらにこれはアミノ酸の一種でもあるので美肌効果や、身体の毒素を排出させる利尿作用もあります。

カフェインはグルタミン酸とも結びつきグルタミン酸の働きを高めてくれるのです。

カフェインの作用

カフェを摂取すると上記のような効果がありますが、身体の脂肪を分解させてくれるホルモンの働きも活性化させてくれます。

ノルアドレナリン

ノルアドレナリンというホルモンはホルモン感受性リパーゼの働きを活性化させることができます。

このホルモン感受性リパーゼは体脂肪を分解してくれる酵素なのです。カフェの中に入っているノルアドレナリンの働きを活性化させてくれて、体脂肪を分解を促進してくれて、ダイエット、減量、体脂肪を減らすなどの効果があります。

筋肉の合成を高めてくれる

筋肉が合成するためにはmTOR(エムトアー)という伝達経路がありますが、この伝達を高めてくれます。

さらに筋力も高めてくれるのですが、筋肉が動くために、つまり収縮させるためにはカルシウムイオンという物質が必要になります。

カフェインを摂取する事によってカルシウムイオンの分泌が増大して筋力も高めてくれるのです。

カフェイン摂取の注意点

カフェインの効果は摂取してから平均で4時間ほど効き目があるといまれています。

夜、トレーニングされる時に一緒にカフェインを摂取してしまうと眠れなくなるなどもありますので気をつけましょう。

ただ単に眠れなくなるということですが、睡眠によって筋肉が発達する成長ホルモンもありますので、寝れなくなるということは成長ホルモンの分泌が少なくなってしまい、筋肉の成長が遅れるということにもなります。

コーヒーの場合は3〜5杯くらいが理想と言われております。(コーヒー1杯100ml当たり60mg)

とはいえ、コーヒーが苦手な方などは錠剤でもカフェインは摂取することができます。

錠剤の方がカフェインの計算が楽になるのですが、一般的には160〜240mg摂取を目安に摂取しましょう。

コーヒーが苦手な方は錠剤または、少量ずつ摂取される事をオススメします。

コーヒーが健康にいい理由まとめ

脂肪分解作用

筋力UP

糖尿病:ガンのリスク低下

おわりに

いかがだったでしょうか?

コーヒーは手軽に飲めるにもかかわらず様々な効果があります。

今までコーヒーを飲みすぎていたかも!?と以前は私も思っていましたが、

1日に3〜5杯くらいむしろ飲んだ方がいいと知ったときは罪悪感なく飲むことができています。

皆さんもこの記事を読んでいただきコーヒー(カフェイン)について学んで頂けたのではないでしょうか?

今後のトレーニングの成長への知識として実践していただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事