名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2020.11.02

プロテインバーより優秀!なぜトレーニーは卵をよく食べるのか?

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

トレーニング(以下トレーニー)をされている方なら卵と聞くと「おお!タンパク質!」と思い浮かべることでしょう。

昔はスーパーなどにしか売っていなかった卵も今ではコンビニでも買えるになり欲しいタイミングでタンパク質が摂取できます。

トレーニーは毎日筋肉に気を使い生活をしていますがなぜそんなに卵を食べるのか?について解説していきます。

こんな人にオススメです

・なんで卵なの?
・卵の栄養素が知りたい
・卵って1日何個食べてもいいの?
・卵の効果の高い食べ方を知りたい・卵の栄養素が知りたい

今の人間のタンパク質摂取量は少なすぎる

みなさんは1日必要なタンパク質の量はご存知ですか?

成人の方で少なくとも体重の1.7倍と言われています。

運動をされている方は2〜3倍とも言われています。

2020年現在での日本は食に関しては餓死をするということはほとんどありませんが、実は1950年代辺りからのタンパク質摂取量はほとんど変わっていないと言われています。

卵の栄養価

アミノ酸

人間が生きていく上で大切な必須アミノ酸が豊富に含まれています。

コラーゲン

髪の毛、お肌に欠かせない成分です。

これがなくなるといくら良い化粧品を使っても効果はありません。

ビタミン

卵にはビタミンが豊富に含まれていて、特にビタミン郡が多く竦まれていることによって、タンパク質の吸収も促進してくれます。

レシチン

主に脳の働きをよくしてくれます。

ダイエットにも影響する、脂質の代謝を促進させる効果があります。

合わせて読みたい

【調理時間5分】簡単・美味しい・安い!減量オススメ食事【簡単ダイエット】

食べ方の効果の違い

卵の食べ方には4種類あります。

生で食べる、半熟、茹でる、焼く。

ほかほかご飯の上にのせて食べる卵かけご飯。

サラダの上に乗せれば色味もついて一緒に食べれる半熟卵、茹で卵。

他の食材と一緒に炒めれば簡単に美味しいスクランブルエッグなど。

どれも美味しく食べれますがどれが一番効果が高いのでしょか?

半熟がオススメ

生卵の場合はビタミンB郡の栄養素を最も摂取することができますが、吸収率は少し落ちます。

茹で卵の場合は吸収率は上がりますが、ビオチンの吸収を弱くさせてしまいます。

半熟の場合は、その両方の栄養素をまんべんなく摂取することができます。

プロテインバーより優秀!

みなさんもご存知の通りドラッグストアや、コンビになどでよく見かけるプロテインバー。

もちろんゆで卵もコンビニで購入できますがどちらが良いのでしょうか?

プロテインとつくとあまり知らない日本人は、「あ!筋肉に良いやつね!」と思いますが、名前に惑わされてはいけません。

だいたい市販のプロテインバーは1袋あたりのタンパク質保有量は10g。

卵のタンパク質量は平均して1個約7g入っています。

2個買うと14gで一気にプロテインバーのタンパク質を超えてしまいます。

さらにスーパーでは1パック10個入り約150円程度、セールの時なんか1パック100円位時もありますからコスパも最強なのです。

コレステロールがきになる

「1パック150円程度で買えるけど1日にそんなに食べて良いの?」と思う方もいらっしゃいます。

一昔では一日2、3個までと言われていましたが、最近の研究では関係ないという結果が出ています。

ちなみに私は最高25個卵を食べた事がありますが全然問題ありませんでしたね。

ですが心配な方は白身だけお召し上がりになられるといいですよ。

そもそもコレステロールとは

コレステロールとは身体のとって大切な役割があり、身体の20%を構成していると言われています。

主な働きは神経、細胞のターンオーバー(代謝)、ストレス解消、性ホルモンなどの分泌促進などの生理作用に最も働きます。

今では男性も美に気をつけますが、女性に大事なお肌のトラブル、髪の毛の潤いにもコレステロールは大切になります。

コレステロールを気にしすぎて摂取不足になるとお身体の表面はもちろん内面からもボロボロになるのでしっかり摂取しましょう。

どのタイミングで食べるのが効果的?

卵だけに限らずタンパク質の摂取するタイミングは就寝前、起床時、トレーニング後、空腹時に摂取するとより吸収が良くなり身体に与えてくれる影響が大きいです。

筋肉が分解されるのを防ぐためにも、意識的に摂取しましょう。

ちなみに筋トレ中にプロテインを飲む方もいらっしゃいますが、私の場合はアミノ酸で、その理由はタンパク質の方が絡まった糸なので、それに身体が反応して体内で消化酵素を出さないといけないので飲んだ直後はお腹に溜まった感じや、まだトレーニング最中なのに身体の中も動かさないといけなくなり、パフォーマンス低下につながる可能性があるからです。

その点では、トレーニング中にはアミノ酸を摂取する事が望ましいと思っています。

少し話は膨らみましたが、タンパク質と、アミノ酸の使い分けでトレーニング効果を高めていきたいですね!

合わせて読みたい

プロテインの効果的な摂取するタイミング

もう少しタンパク質ネタを話をします。

パーソナルトレーナーなどお客様の体作りに携わるお仕事をこれからしてみたい方はこう言う豆知識も覚えておくと良いですよ!

タンパク質とは約80種類以上のアミノ酸が結合したものです。

ちなみにアミノ酸が2個以上結合したものをペプチド、ペプチドが10個程度結合したものをオリゴペプチドそれ以上をポリペプチドと言います。

タンパク質は複雑に結合しているので絡まった糸のようだとイメージして頂ければ良いですよ。

そして、タンパク質は体内に入ると、胃の中で消化酵素によりポリペプチドになり、小腸ではトリペプチド(アミノ酸が3個結合した状態)あるいはジペプチド(アミノ酸が2個結合した状態)まで消化されます。

そして最後にはアミノ酸まで分解されて吸収され門脈を経て肝臓に送られるという仕組みになります。
少し難しいですが、簡単に説明すると、アミノ酸が1番小さい分子、タンパク質がアミノ酸がたくさん集まった1番大きい絡まった糸

身体に入ると、各消化酵素により少しずつ分解されて最終的に1番小さい分子のアミノ酸になり体内に吸収されるということですね!

よくトレーニーが筋トレ後にプロテインを飲んでいますが、アミノ酸に比べれば吸収は少し時間がかかるということになりますね。

私の場合はプロテインの中に一緒にアミノ酸も入れて、早く吸収できるものとゆっくり吸収できる物を入れて調整していますよ。

まとめ

結論!筋肉にいいから!ということでしたね!

この記事を読んでいただき、トレーニーがなぜ卵を食べるのか?を理解していてだければいいかなと思います。

またそれ以外にも卵がどれだけすばらしいもかも、わかっていただけたのではないでしょうか?

みなさんも是非、卵料理作ってみてください。

おわりに

私も買い物の時には最高25パック買ったことああります。

もちろん冷蔵庫の中は卵まみれで、でもすぐにタンパク質は摂取できましたよ!

ちなみに1日で一番たべた個数は25個です。

 

人気記事

最新記事