名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.11.02

トレーニング前のコーヒーの効果! 脂肪燃焼効果倍増!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

皆さんは日ごろからコーヒーは飲みますか?

ちなみに私は1日に500ミリリットル以上のコーヒーは飲んでいると思います。

その理由は「うまい!」と言うこともありますが、 トレーニング効果を高めるためにも飲んでいます。

コーヒーを摂取すると「目が覚める」「頭がすっきりする」という方も多いと思いますが、コーヒーはトレーニング以外にも良い影響与えます。

この記事を読んでいただき皆さんもぜひ積極的にコーヒーをを摂取して思いっきりトレーニングを行ってみてください。

合わせてみたい動画YouTube

インクラインダンベルプレス60kg挑戦!「パンプアップジム」高重量!

この記事を読んで頂きコーヒーの効果を理解して脂肪燃焼効果をUPさせましょう!

こんな人にオススメです

・ 痩せたい!
・痩せる努力は全部やりたい!
・ コーヒーが好き!



コーヒーの働き

はじめにコーヒーの働きを簡単に見てみましょう。

コーヒーを飲む方の多くはおそらく「朝目覚めをすっきりさせたい」方や「眠い時にの眠気覚ましに」飲むことが多いのではないでしょうか?

これ以外にも実は脂肪燃焼効果もある事はご存知ですか?

特にコーヒーの中に入っているカフェインと言うものは、脂肪燃焼を効果的に促進し新のクロロゲン酸などと言われる物質はアンチエイジング効果があり非常に体に良い成分が多く含まれています。

アンチエイジング

人間には自律神経があり交感神経と副交感神経があります。

その中でも何かものを食べたいと言う欲は交感神経によって操作されています。

この交感神経を強く働かせることができる物質はコーヒーであり、コーヒーを摂取することで大脳からの指令により脂肪燃焼効果を高める働きが期待されています。

トレーニングへの影響

コーヒーを摂取するタイミングによって体への影響が変わってきます。

トレーニング前・中

トレーニング前にコーヒーを摂取した場合、コーヒーの中に含まれているカフェインが多胞性脂肪細胞を効果的に活性化させ、脂肪燃焼効果を倍増すると期待されています。

もちろんトレーニング中に水と一緒に摂取することも可能で、同じような答え効果が期待されます。

トレーニング後

トレーニング後に摂取した場合は疲労回復効果をアップさせる働きもありますので、タイミングを気にせずコーヒーを飲むことができます。

トレーニング以外の効果

カフェイン以外にもコーヒーに含まれるニコチン酸という成分は、毎日摂取することもでき、コレステロール値を下げてくれる効果があり心筋梗塞などの心臓病を防ぐ働きがあるとも言われています。(たばこのニコチ ンとは別)

近年では男性も美容に気を使う方が多くいらっしゃいますが、コーヒーの中に含まれるポリフェノールである「クロロゲン酸」には抗酸化作用があり、女性にも嬉しいシミやしわを抑制します。

摂取目安はコーヒーを一日2杯以上飲んでいる人は、シミができにくいそうです。

摂取タイミング

コーヒーのカフェインは摂取してから30分〜1時間ほどがピークと言われています。

トレーニング中に最もカフェインが効いている状態を作りたい場合は30分〜1時間前にコーヒーを摂取しましょう。

ですので家を出るタイミングで摂取するのが良い良いと思います。

また仕事中の大切な会議の前などに飲むのもいいですよね。

注意点

カフェインを摂取するタイミングでお勧めしないのは睡眠の6時間前までと言われています。

体が敏感な方はカフェインによって目が冴えてしまいなかなか寝ることができない方もいると思います。

コーヒーの中のカフェインは体に入ってから約6時間程度で半分になると言われていて、しっかりとカフェインを抜いてから睡眠をとりたい方の場合はお昼ごろまで摂取することがオススメですが、コーヒー好きの方はお昼までとは我慢ができないと思います。

中にはコーヒーを飲んでも全然寝れると言う方もいますが、睡眠の6時間前にはコーヒーの摂取を控えることがおすすめです。

コーヒーを摂取した場合はその倍の水を摂取することをお勧めします。

合わせて読みたい

【筋トレ】水分補給で筋肉が発達!馬鹿にしてはいけない水分補給!

まとめ

コーヒーには様々な健康的な効果があります。

コーヒーを大量に飲んでデメリットは無いのか?

と心配される方も中にはいらっしゃると思いますが、例えばお酒が好きな方は1回の食事で多い方は2〜3リットルものお酒を飲む方もいらっしゃると思います。

その方々からすればコーヒーはほとんど害は無くむしろ1リットル程度でしたら飲んだ方が良いと思います。

またコーヒーをたくさん摂取したからといって肝臓などに負担がかかるわけでもなく「1日寝れないなぁ」と感じることくらいだと思います。

摂取するタイミングさえ間違えなければカフェインはしっかりと抜けますので、ぜひ皆さんも積極的にコーヒーを飲んでみてください。

今回もご覧いただきぜひご参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事