名古屋でオススメなトレーニングジム検索サイト

トレーニングスタート
2021.10.08

【筋トレ】夜中に食べると太る?太りにくい食べ物とタイミング!

NEW GATE パーソナルジム 「豊かな未来の健康へ」

 愛知県名古屋市昭和区川原通2丁目3 エルドール川原 1F

代表 栗林健太 筋トレ歴10年、スポーツ専門学校卒業後パーソナルトレーナーとして指導(9年) メンズフィジーク愛知県代表・ベストボディジャパン名古屋代表 10代~80代のお客様のトレーニング、「ボディメイク」「健康維持」「筋力アップ」「腰痛予防・改善など」をさせて頂いております 体験当日入会で入会金1万円無料👏🏻 キッズ・ベビー同伴パーソナル🆗#お友達#カップル#ペアトレーニング 広いスペースで思いっきりトレーニングされたい方、#無料カウンセリング #体験トレーニング🌸 詳しくはこちらから YouTubeチャンネルはこちらです♪

皆さんは夜中にお腹がすいた時はどのように過ごしていますか?

ご存知の通りお腹が空くとトレーニーにとって非常に厄介な現象が起こります。

それはどのような現象かと言うと今までせっかく作り上げてきた筋肉が少しずつ分解されると言うことです。

せっかく苦しい思いをして筋肉を作り上げてきたのに、こんなことで筋肉を分解させる事は非常に残念ですよね。

かといって夜中に食べると脂肪がつくし太ってしまう!と考えると食べること自体も悩ましいですよね。

今回は夜中に食べても太りにくくそして筋肉の分解を抑える方法について解説いたします!

合わせて読みたい

【筋トレ】効率よく筋肥大をするための基本的なこと!4選!

この記事を読んで頂きなるべくストレスを減らしましょう!

こんな人にオススメです

・食欲が止まらない!
・ 口が寂しい!
・夜中にお腹が空く!



夜中に食べると太りやすい理由

よく夜中遅い時間にいっぱい食べると太りやすいと言われていますよね。

なぜそうなるのかといいますとそれはインスリンの働きが朝と夜では違うからです。

朝はインスリンがよく働きますが夜はインスリンがうまく働きません。

となると夜は脂肪が増えやすいタイミングと言うことになってしまいます。

しかしここで大事なのはタンパク質や、ある程度の脂肪だったらインスリンがそれほどでないことが分かっています。

ですので商事をしてインスリンが出てしまい血糖値が上がってしまうことが問題で、血糖値の変化がそれほど大きくなければ問題ありません。

糖質は血糖値が大きく上がってしまいますので、夜であっても糖質を摂取しなければ太りやすくなると言うことにはなりません。

高タンパクやある程度の脂質ではインスリンをそれほど出しませんのでインスリンの働きは関係ないと言うことになります。

例えば夜ステーキを食べたとしてもそれで太ると言う事はあまりありません。

むしろ夜はラーメンとかを食べた方が太りやすいと言う事ですね。

糖質は摂取せずにタンパク質と脂肪だけだったら夜食べても大丈夫と言うことになります。

太りにくい食事のタイミング

そしてもう一つ大事なのがタイミングです。

トレーニング(しっかり追い込む)をしてグリコーゲンを使った後ですと糖質をとっても比較的大丈夫です。

なぜかと言うとトレーニングをすると筋肉や肝臓内のグリコーゲンが消費されなくなってしまいます。

ですのでその後にラーメンなどの炭水化物を食べたとしてもその糖質は筋肉や肝臓内のグリコーゲンを回復させる方に使われていきます。

ですのでトレーニングによってグリコーゲンを使い果たした後だったら糖質をある程度とっても大丈夫と言うことになりますね。

そしてトレーニングによってその運動した場所の血液の流れが良くなっていきますので、インスリンの反応も良くなっています。

普通に生活していると夜はインスリンの働きが悪くなるのですがトレーニングをすることによって、それを抑えることができるようになります。

どうしても夜のラーメンやチャーハンなどの炭水化物が食べたい人は、トレーニングを行った後に食べるようにしましょう。

もしトレーニングを行わないようでしたら糖質が含まれるものではなくステーキや卵などの高タンパクと脂質が含まれているものだけを食べるように注意しましょう。

太りにくくする栄養やサプリメント

またもう一つ対策としては、インスリンの働きを良くしてくれるような栄養摂取やサプリメントを取ると言う事ですね。

具体的には亜鉛やマグネシウムなどがインスリンの働きを良くしてくれるのですが、特にオススメしたいのがαリポ酸と言うものです。

αリポ酸を取ることによってインスリンの働きがとても良くなります。

ですが空腹時とかに摂取してしまいますとインスリンの働きが良くなりすぎて低血糖になってしまったり、αリポ酸は「酸」ですの少し「胃」がむかむかしてしまう。

と言うこともありますので必ず食後に取るようにしてください。

合わせて読みたい

【筋トレ】免疫力向上!筋肉発達に効果的な栄養素2選!

まとめ

夜中に食べたくなったら糖質を控え、高タンパクの食材を摂取しましょう。

ですがしっかりとトレーニングを行った後の場合は筋肉や肝臓内のグリコーゲンを消費していますので、食べ過ぎない程度の糖質を摂取するのはオッケーです。

またインスリンの働きを良くしてくれるためにマグネシウムや亜鉛の摂取もお勧めです。

今回もご覧いただき是非ご参考にしていただければ幸いです。

 

人気記事

最新記事